行動変容支援

ホーム > サービス内容 > 行動変容支援

ウェル・ビーイングの行動変容支援

「健康が全てではない。しかし、健康を失うと全てを失う」と云われます。

健康はより良い人生をより良く生きるためには欠かせないものです。

人の健康を望む想いは健康行動を呼び起こし、その連続が健康習慣を形づくります。

だからこそ、私たちは人の感情にアプローチすることを心がけています。

なぜなら、人は「理動」ではなく「感動」で動くからです。

そして、個人へのアプローチと環境へのアプローチを同時に行うことで成果に結びつく支援を常に心がけています。
こうした行動変容支援の考え方を私たちは大切にしています。

始めることで半分は成功。続けることであと半分は成功。
ポイントは「強い動機付け」と「徹底した行動管理」+「支援環境の整備」

理論1.

人は「理動」ではなく「感動」で動く

人の心が動くように、デジタル(機械的)ではなくアナログ(人間的)なアプローチをします。

理論2.

B=f(P×E)

Behavior(行動) Personality(個性) Environment(環境)

私たちは個人に対するハートフルな動機付けと共に、その人が動く職場環境の改善にも同時に取り組みます。

理論3.

H=f(B×C)

Habit(健康習慣) Behavior(行動) Continuous(連続)

健康習慣はただ一回の健康行動と、その連続によって獲得されまます。

だからこそ、私たちは共鳴・共感が得られるような動機付けにこだわるのです。

そして、その行動を連続するのに必要な介入を、その方に必要な分だけ行います。ウェル・ビーイングの介入頻度が人によって異なるのはこのような理由からです。

始めることで半分は成功。続けることであと半分は成功。ポイントは「強い動機付け」と「徹底した行動管理」+「支援環境の整備」

支援実施者の質と評判

コーチングスキルを習得した管理栄養士等が対象者の方の心に深くアプローチし、
結果が出るようにサポートいたします。

顧客満足度は95%!